<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

変わらないもの

懸賞 2006年 09月 11日 懸賞

昨日、元同僚とそれから働いていた会社の代理店に当たる会社の人と飲みに行った。
二人とも既婚男性で、当時一緒に洗車に行ったり良く飲みに行った人。
元同僚は、一緒に働いていた頃私が親友を紹介して結婚した。
代理店の人は、仕事に恋に相談に乗ることが多く、今でも義理堅く慕ってくれている。

元同僚は先月会社を退職した。
バスの運転手になりたいらしく、今週面接試験だそうだ。
代理店の彼は今でも同じ会社で頑張っていて、現在フロントのリーダーだそうだ。
共に子供が一人いて、自分の年齢と立場に悩んでいるようだった。
元同僚はもう新しい道を目指し始めている分幾らか爽やかだった。

私は本当に仕事が好きだった。
たくさんの代理店からの信頼も厚く、仕事に対し誇りを持っていた。
あんなに輝く事はもうないだろうなぁと思うし、頑張る事も難しいと思う。
人からも、あんなに信頼されるって事はないだろう。
そう言うことで、この頃少し切なくなっていた。

昔勤めていた会社にも、もう殆ど仲間はいないし音信不通。
代理店の人とプライベートで会う事は殆どなかったし、私のことなど記憶の片隅にあるのかないのか。
その時代の流れに私はどうしたら逆らえるのか、そんなどうしようもない事で悩む日々が続いていた。
戻りたい戻りたい…そればかりでなかなか前に進めなかった。
だけど違う。
昨日会った二人は、あの頃と変わらず同じ笑顔で笑っていた。
みんな同じだけ時間が流れて誰もそこに留まってはいない。
私も、もちろん同じだけ進んでいるんだ。

少し前に進める気がしてきた。
あの場所へ置いてきたものに、まだ未練がある自分が悔しいけど、新しい一歩を踏み出そう。
チャンスがあったら、会いに行こう。
[PR]

by yoko1113_0613 | 2006-09-11 13:08

親孝行

懸賞 2006年 09月 10日 懸賞

来週は母の誕生日。

昨日横浜へ行って、フェイラーと言うブランドのバッグを買って、母に渡しに行った。
母はずっと欲しいと思っていたバッグだったらしく、とても喜んでくれた。

毎年母には割りと高価なものをあげている。
父があまり贅沢をさせないから。
去年はイヤリング。
一昨年はブローチ。
その前はサファイアのイヤリング。
母はアクセサリーが好きだ。

初めて高価なものをあげたのは19歳くらいの時。
じゅわいよくちゅーる・マキでサファイアのネックレスを買った。
サファイアは9月の誕生石。
当時の私には結構高いものだった。
その他にも私は親の結婚記念日に10万円の旅行券をあげたり、翌年も5万円渡したり
「親孝行とは何ぞや」
と考えながらプレゼントしている。

私の兄と姉は、結構両親にお金を遣わせている。
そのために私が親にお金を貸した事もある。
自営業なので働いた分お金になるが、私には兄と姉のために働いているように見えていた。
母が私のために貯めていたお金も兄に遣ってしまい、私は進学を諦めた。
私はずっと、早く自分たちのために遣えるようになれば良いのに…と願っていた。
でも今は祖父が施設でお世話になっていたり、イロイロあってやはりまだまだ頑張り続けている。
そんな両親を見続けて来て、私は両親に苦労かけまいと生きてきた。
そして、いつも疲れた顔をしている両親に笑顔を!と心がけてきた。
彼らに楽しみを与えてあげたいと思っている。
時に裏切られ傷つく事があっても、二人の努力を私だけは認めたいと思う。

そんな健気に育った私なので、両親にはさほど感謝はしていないが二人がいつ死んでも後悔しないようにしておこうと思っている。
「親孝行 したいときに 親はなし」
なぁんて事をよく言うし。

でも親孝行って何だろう?
こうやってプレゼントをあげること、親孝行なのかな?
私が幸せでいることが、彼らの何よりの孝行なんだろうな。
だとしたらきっとプレゼントなんてあげなくても大丈夫。
そしてきっと彼らは私に対して殆ど不安を抱いていないだろう。
むしろ甘えているのは彼らのほうだ。
そして、奴等がいつ死んでも、二人が心配するのは兄と姉の事だろう。
私がどんなに頑張っても、二人は安心して死ぬ事はないだろう。
どんなに孝行したとしても、私は必ず後悔するだろう。

だからもうちょっと、長生きしてね。
[PR]

by yoko1113_0613 | 2006-09-10 11:05

ドイツ村

懸賞 2006年 09月 07日 懸賞

そう言えば日曜日に千葉にある「東京ドイツ村」と言うところへ行って来た。
マザー牧場に良く似てる。

乗り物もあったんだけどその殆どが4歳以上で、長女だけしか乗れず2歳のチビは我慢我慢でかわいそうだった…
そんな訳で当分は行かないな。

そこではお金を入れると動く乗り物の殆どが故障中で、チビはそれさえも我慢(T_T)
しかもアンパンマンの乗り物…焦げちゃったの??c0045451_20143456.jpg
[PR]

by yoko1113_0613 | 2006-09-07 20:15

初出勤

懸賞 2006年 09月 07日 懸賞

昨日、初めて仕事をしに会社へ行った。
私は長女を送ってから下二人の朝食を済ませ、家事を終わらせて出かけるので、9時過ぎくらいに出る。
会社までは大体1時間くらい。
子供たちが大人しければ全く苦にならない時間。
ナビ通りに進んで迷子になりつつ(案内された道が途中でなくなっちゃった!)10時頃到着。
特に頼まれる仕事もないので、溜まり放題の領収書の整理をした。
何とか2か月分の領収書を整理して、あと4ヵ月分…。
そしたらあと入力もしないといけないのになぁ~(-_-;)
子供たちはおもちゃで遊ばせて…でも下のチビはハイハイしながら冒険!
真っ黒になっていた。
やっぱりゲートを買ったほうが良いかなぁ。
午前中はそんな感じで終了し、お昼は持参のお弁当を真ん中の子と食べて午後は義理の母から頼まれた仕事。
それはコピーだった。
しかも…FAXで1枚1枚…。
つきっきりじゃなきゃいけないし、なぁんて手間なんでしょう。
それに感熱紙だから、保存出来ないじゃん??って感じ。
異常に時間が掛かって本日のお仕事終了。
3時前には出て、長女を迎えに行かねばならない。
帰りは微妙に渋滞していたけど、4時前には着いてホッと一息…。
通勤時間が勿体無いけど、ドライブ気分で良いかも。
だけど昨日はチビ二人とも咳き込んでいて、真ん中の子が帰りの道中むせてゲロ!
可哀相に…。
ちょうど着替えを持っていたので途中のコンビニで車を停めて、着替えさせたり座席を拭いたり…。
ちょっと臭う。
イロイロなことがあったけど、充実した一日になったと思う。
毎日はさすがにキツイので、程よく行こうと思う。
そして人としても身内としてもまだまだ壁のある義理の両親とも距離を縮めたいものです。
何より日中も旦那のそばにいられるなんて、幸せ。
[PR]

by yoko1113_0613 | 2006-09-07 00:01