<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

答え

懸賞 2005年 07月 30日 懸賞

今朝、私のブログを読んで友人がメールをくれた。
私にはまだまだ答えは出ないと思っていた。
だけど友人とメールのやり取りをしているうちに、意外な答えが見つかった。

私は旦那にしてもらう負担のことばかり考えていたけど、そうではなかった。
休みの日は買い物へ連れて行ってくれる旦那。
その後は子供の事を考えて、公園に行こうと提案してくれる旦那。
私が普段子供を連れ出す事ができないので、旦那は子供の事を考えてくれる。
でも私は24時間365日、子供の事を一番に考えている。
だから休日くらい子供の事は考えたくなかったんだ。
普段から子供達をどう楽しませてあげようかと考えている。
結局何もしてあげられないで1日過ぎてしまうんだけど、行動には起こせなくてもとても一生懸命考えているつもりだった。
だから旦那に「どこへ行こうか」と言われるのが苦痛だったのかもしれない。
結局子供が喜ぶ場所を選ぶからね。

「ヨウコさんのリラックス」と言う友人のメールで、よく考えてみた。
子供を預けて一人のんびり買い物やお茶へ…と提案してくれた友人だけど、私の性格上子供を預けてのんびり何てとても出来ない。
罪悪感に襲われて、預け先で事故でも起きないか不安でリラックスどころではない。
子供と離れることが私のリラックスかと言ったらちょっと違う気がした。
では旦那に子供を預けて休日のんびりと…。
そう言う機会は時々あった。
でも私は、私も旦那と一緒に居たい…
!!!
そうか、私は旦那と一緒に時間を過ごしたかったんだ。
子供の事を考えずに。
信頼できるどちらかの実家に少しの時間でも子供達を預けて、二人だけで歩きたい。
それだけの事だったんだ。
私の気持ちがスーッと楽になった。
今日は夏休みに入って初めて子供達と一緒に遊んであげる事ができた。
早速旦那にメールを送ると、今度の日曜に私の実家に寄る用事があるので、その後実家に預ける事ができたらどこかに行こうね、と言ってくれた。
硬くて苦しかった体の中が、ふんわり柔らかくなった気がする。
まさかこんな風に答えが見つかるとは思ってもみなかったけど、メールをくれた友人にはとても感謝している。

結局のところ私は旦那のことが大好き。
子供よりも私は旦那が大好きだと思う。
もちろん子供達は大切で、旦那と同じ天秤に乗せるのはおかしいけど(^^;;;
子供に優しくできなくなったとき、旦那との時間で自分を充電できるのであれば、やはりそう言うことになるのかなって思う。
私は未だに旦那に恋しているんだと思う。
バカバカしいかもしれないけど、奴を思うと胸が熱くなって涙が出てくる。
こんな気持ち、旦那には絶対ないんだろうなぁ。
悔しいけどでも幸せな事だよね。
もう恥ずかしくて手なんて繋げないんだけど、気持ちは堅く繋がってるよね!
[PR]

by yoko1113_0613 | 2005-07-30 15:48

役割分担?

懸賞 2005年 07月 29日 懸賞

夫婦の役割分担について考えている。
我が家には既に娘が二人いて、これからもう一人子供が増える。
二人の娘はまだ親の手がなければ殆ど出来ないに等しい。
上の子は割りとしっかりしているので、言えば何でも出来るけどそれはまだ酷だろうと思う。
一人でお風呂もたまに入らせる事もあるが、怖がりなので自分で言っておきながらとても可哀相になる。
そんなわけで朝から晩まで子供の面倒を見ているわけで、もちろん家事も一通りこなす。
旦那は仕事が忙しいのと、通勤に1時間かかるので最近は帰っても子供の寝顔しかみれない事も良くある。

ついこの間些細な事で上の娘をボコボコ(!)にしてしまった。
夏休み期間で24時間ベッタリ。
私は寝ている時以外日中は子供に、夜は旦那に尽くし続けている。
私をいたわる人は誰一人いない。
労いも感謝もとりあえず報酬もない。
ついでに言えば休日もない。
「当たり前」とされて毎日を自分以外に尽くしている。
でもだからと言って子供に当たってはいけなかった。
一連の話を姉にすると、旦那とキチンと話したほうが良いと言ってくれた。

私の旦那はとても優しくて、そして単純な人。
複雑に物事を考えないので「俺が早く帰れば良いんだろう」と言う話になるのは目に見えていた。
もっと自分が負担すれば良いんだという解釈をするに決まっていた。
結局その通りになってしまって、翌日は早く帰って娘をお風呂に入れてくれた。
その翌日と翌々日は遅かった。

「夫婦とはどこまで助け合うべきか」

私には解らなかった。

18歳から21歳まで私は幸いにもとても好きな仕事に就く事ができた。
これでも自称キャリアウーマン?!だった。
寝ても覚めても仕事の事を考え、お客様には精一杯尽くしていた。
でも会社のやり方に疑問を抱き拭う事ができずあっさり辞めた。
どの道会社が静岡に異動するので、いずれ解雇されるのは目に見えていたし。
学校生活の延長の気持ちで入社して、社会の厳しさを学んできた。
自分がどんなに頑張って成果を上げても、誰かの手によって堕ちて行くことがある。
仕事は楽しくても、噛みあわない人間がいる。
お客様から認められているのに会社から認めてもらえない。
「社会人」とはなかなか一筋縄では行かない物だった。

では主婦はどうだ?
朝旦那と子供の支度をして、片付け・掃除をして買い物へ。
用事がなければそのまま家に居る(今の私はこのパターン)。
時間があれば昼寝も出来る。
うちの子供達は割りと大人しいのでほっといても全然大丈夫。
たまに何かを取り合いして、チビが叫ぶ以外は大体仲良く遊んでくれていて出番はない。
こう書けばとても聞こえは良い。
でも、どれもこれも大体は中断する事になる。
掃除の最中に飲み物をこぼされる。
片付けているそばからおもちゃを出す。
買い物へ行こうと思っているのにまだパジャマ。
さあ出かけるかと思えばウンチだったり。
買い物へ行けばフラフラと歩いて人の邪魔になるのを叱る。
いつの間にかいなくなる事もある。
買い物終盤で「トイレ」と言われる。
買ってきたものを持たせていたら帰る前に壊される…
昼寝と言っても眠りに落ちる頃、叫び声で起こされる(-_-;)
主婦ももちろん一筋縄では行かない。
社会人だったときよりももっともっと、予定が狂う。
「今日はこれをやるぞ!」と気合が大きいほどそれはストレスとなるのは主婦でなくとも理解してもらえるだろう。
失礼かもしれないけど、仕事とは与えられた物事を淡々とこなせば適度な報酬がもらえる。
もうそれだけで報われたようなもんだと思う。
与えられた仕事にはそう簡単に邪魔は入らないだろうし。
仕事には区切りもある。
あぁ、休憩時間もあるね(^^)
主婦にはノルマがない。
ホッとできる瞬間もない。
子供達が昼寝でもすれば出来るだろうけど、上の子を昼寝させた日にゃ夜延々と寝なくなる。
完璧を望む主婦ほど頑張りすぎて自分を壊してゆくんだろうと思う。
私はどちらかと言うと、こう言うタイプなのだと思う。
社会人の辛さも知っている。
それ故旦那には帰ったらとことんリラックスしてもらいたいと思っていた。
日中私が無表情で過ごしている事なんて旦那は知らないんだろうな。
旦那の前では極力にこやかにしている。
「ここは何て居心地が良いんだ」と、思ってもらっていたい。
帯状疱疹で辛いときも「大丈夫なの?」と聞かれて「大丈夫だよ!」と答えてしまっていた。
本当は子供にうつらないように別々にお風呂に入らなければいけないのはとても疲れた。
「大丈夫?」と聞かれると「大丈夫」と言ってしまう私。
「大丈夫」と言われて大丈夫だと思ってしまう旦那。
どう考えても私は不利だ…
では具体的に旦那にどうしてもらいたいかと言うと、答えが出てこない。
だけど漠然と自分の頑張りすぎに疑問を抱いている。
友人に愚痴ってみると、ちゃんと旦那に言いなさいとやっぱり言われた。
昨日もう一度話してみようと思っていたら旦那の方が「明日は早く帰ってくるよ」と言ってくれて言いそびれた。

今日は早く帰ってきてくれた。
チビは私とお風呂に入ったので、旦那は上の子を入れてくれた。
お風呂を出ていつもより多くビールを飲んで、子供達を適当に構い布団を敷いて子供達を寝かすと「頭が痛い」と寝てしまった。
飲みすぎだよ(-_-;)
結局早く帰ってきても、自分がゆっくりできることを望んでいるみたい。
確かに仕事が辛いのは解る。
「社長の息子」と言う立場でのプレッシャーもあるだろう。
親元で働く意地もあるだろうし。
だけど「今日は何て言って上がってきたの?」と聞いたら「用事があるって言った」って。
「普通にヨウコが大変だからって言えば良いじゃん。って言うか逆に小さい子供二人いて妊婦なのに大変じゃないかって親は思わないの?」と言うと「そうやって言うの嫌なんだよ。早く帰ってくれば良いんだろう?」だって。
何だか悲しかった。
私の言い方も悪かったのかもしれないけど、頑張っている私が認められてない気さえして胸が苦しくなった。
やっぱりお腹の子を守っているのは私だけなんだな。
もう3回目の妊娠なのに、妊娠がどれだけ大変な事なのかまだ解ろうとは思わないんだね。
3回目だから逆に軽視しているのかな。
入院でもしてやりたいと最近は思う。
でもきっと入院なんかしたらまた私は自分を責める。
こんな風になった私が悪いとみんなが思っているような気持ちになるんだろうな。
きっと旦那の目も、冷ややかに感じてしまう。
だから無理はやめよう。
私にはまだ、夫婦はどれだけ協力し合えば良いのか答えが見つけられない。
「負担」と言う言葉が私にはとても重い。

最後に義理の両親へ。
お腹の子はあなたたちの孫でもあるんです。
他人の子供ではないはず。
仕事でいっぱいいっぱいなのは解るけど、
もう少し考えて欲しいです。
帯状疱疹だと言った時、電話くれて嬉しかったです。
だけど気持ちのない言葉だけなら、いらなかったです。
[PR]

by yoko1113_0613 | 2005-07-29 23:35

ブローディエア

懸賞 2005年 07月 28日 懸賞

そう言えば以前植えた苗がようやく開花した。
すずらんの方は程よく伸びてきたところから成長が止まっているが、どうしたのかなぁ?
まだ葉は緑なので、枯れているわけではないみたいなんだけど根ぐされしたかな?
咲いたのはブローディエアと言う花。
イメージと違った。
って言うか葉が伸びすぎてグッタリしてるよ(-_-;)c0045451_22451655.jpg
[PR]

by yoko1113_0613 | 2005-07-28 14:20

検診

懸賞 2005年 07月 26日 懸賞

今日は妊婦検診。
台風が来ていて、行きは土砂降りだったけど帰りは小雨だった。
子連れは大変だけど、病院は空いていたから頑張って行って良かったかも(^^)

おチビは今週で13週。
頭からお尻までの大きさが大体7センチくらいだった。
病院の超音波の画像が粗悪なので形はあまり良くわからなかったけど、こちょこちょと動いているお腹のおチビは何とも愛おしかった。
もう時期この動きを感じる事が出来るんだな。
これは本当に女性である特権。
この時ばかりは男って可哀相って真剣に思う。
まぁ全体的に女性の方が損してばかりだけどね(-_-;)

それにしても私の担当医が11月で退職されるらしい。
前回の出産とは違う医師だった。
このことで新しい人に担当が代わるらしい。
また違う人に股を開かなきゃならないと思うと憂鬱だよ。
前回の出産のときの医師に代えて貰おうかとちょっと思ってる。
でも、医局長のくせに不安にさせることばかり言う人だったからな~。
毛深いし(笑)
ま、次の検診は4週間後だしゆっくり考えようっと。

写真は日曜にいった宮が瀬ダムの「乗り物広場」にて撮ったもの。
寒くて参ったよ。
c0045451_1582851.jpg
[PR]

by yoko1113_0613 | 2005-07-26 15:11

夕涼み会

懸賞 2005年 07月 22日 懸賞

昨日は上の子の幼稚園の夕涼み会だった。
5時40分から始まり、しばらくすると園児達は一斉に盆踊りを踊り始めた。
初めは年少から年長まで全員で4曲踊り、一旦年少は休憩。
年中と年長が踊り、その後年少だけが2曲踊って年少さんの出番は終了。
次に年中だけが踊って年中は終了。
最後に年長が踊って盆踊りは終わり。
7時ごろまで延々と踊らされていた…
さぞ疲れた事でしょう。
それに保護者達の人の壁にうんざり。
遅く行ったのが悪いと言われればそれまでだけど、脚立を持って一番前に陣取っているおじいちゃんには呆れた。
全然脚立いらないじゃん…。
どこが良いかと場所を探していると、3人くらいで夢中で喋っているおばちゃんが突然バックして、激突した。
私を見ると「あ、ごめんね~」だって。
誰だよお前!友達かよ!!と、突っ込みたくなった。
それより「妊婦です」と言うプラカードが欲しかった。
とりあえず取れた場所の周りには私より10センチくらい背の低い人が多かったので、何とか娘を記録に残す事ができた。
ずっと腕を上げて撮影していたので、今日は腕がダルダルだけど(^^ゞ

年中の出番が終わって娘がカキ氷を食べたいと言うので、すぐに並びに行った。
カキ氷売り場だけは先にチケットを買うシステムになっていた。
チケット売り場は空いていたので、すぐにカキ氷にもありつけると思った。
カキ氷を手にするまでは並んでいたけど、そんな長い列ではなかった。
なのに、15分ほどは1歩も動かない…。
レトロなカキ氷マシーンが壊れたか?と思って見てみても、ちゃんと回しているみたいだし。
カキ氷を買って列からはける人もいるのに、それでも1歩も動かない。
そのうちに、私の前に並んでいた人が友達を入れた。
しかもその友達の人はチケットを4枚くらい持っている。
あぁ、こう言うことか…。
並んでいる人がどんどん知り合いを入れるので、ちっとも前に進んでいかないんだ。
更にいつの間にか知らない人が私の横に並んでいる。
最初からここに並んでいたわよ!と言う顔をして…。
確かに列はごちゃごちゃしていてどこが最後尾かは分からない状態になっていた。
それにしても、よくまぁ平気で横入りしようとしているもんだわ。
このまま自分の前に入られては悔しいので、娘をその人の前に立たせた。
結局その人は私の後ろに定着したようだった。
でも私が並び始めた時点で、私の後ろはあなたではなかったのは確かよ!
たぶんカキ氷を買うのに30分ほど並んだ。
やっと終わって戻る頃にはカキ氷の列は園庭をぐるっと半周していた…(^^;;;
チケットを先に買わなくてはいけないので、列に並ばざるを得ないのだろう。
ひどい状況だと思った。
それにつくづく幼稚園関係は「自分さえよければ」的な人が多いなと感じた。

夕涼み会の締めは、打ち上げ花火。
本格的な花火だった。
娘は二人とも音にビックリしていた。
あんな間近じゃね。
でもまぁ娘は楽しめたみたいなので良かったわ(^^)
最後にお約束を破って走って転ばなきゃ満点だったよ!c0045451_8375336.jpg
[PR]

by yoko1113_0613 | 2005-07-22 08:44

母子手帳

懸賞 2005年 07月 21日 懸賞

今日は第三子となる子の母子手帳を貰いに行って来た。
我が大和市は出産予定日を告げるといつでも母子手帳を交付してもらえた。
でも今回はもっと詳細に書くようになっていて、母子手帳も変わっていた。
一番上の子は横浜に住んでいる時に妊娠したので、横浜の母子手帳。
真ん中の子は大和市の母子手帳。
下の子は新しい母子手帳なので3人とも違う。
解りやすくて良かったと思う(^^)
それにしても暇そうな役人しかいないくせに、ずいぶん待たされた。
私のつわりは独特で、つわり後半は頭痛に悩まされる。
今日もガンガンずきずき。
その上待たされてイライラ…
しかもチビは眠くてギャーギャー喚いてるし、帰ろうかと思ったけどまた来るのもバカバカしいので待っていた。
母子手帳交付ごときで待たせるなぁ~!

ところで母子手帳の交付手続きは各市町村ごとに違う。
妊娠証明書なるものが必要な場所もあるらしい。
母子手帳も各市町村で異なる。
内容は同じだと思うけど、比較してみるとイロイロな工夫があるらしい。
新しくなった母子手帳も内容がずいぶん柔らかくなっている気がする。
写真を貼るページまである。
それだけ育児と密接にしようと言う試みなんだろうな。

100円で買った種入りの土の塊からひまわりが咲いた。
ひまわりって、どうしてみているだけで元気が出るのかな?
それはきっと太陽の光を目いっぱい受けているからだろう(^^)c0045451_1121037.jpg
[PR]

by yoko1113_0613 | 2005-07-21 11:23

夏休み

懸賞 2005年 07月 17日 懸賞

妊娠期間も今週で4ヶ月に入る。
つわりもあるので順調に違いない。
イロイロな不安は徐々に消えてゆく。
不安を抱えては今後の育児に差支えがあるだろうし。
なんと言ってもお腹の子に申し訳ないしね。

とは言え帯状疱疹とやらになってしまい、痛みと痒みに参っていた。
充分な栄養と休養を摂るように。
とは言われていたけど、つわり中のため食べたいものも見つからず、パンばかり食べている。
吐いたり下痢をしたりで、あれだけ減らしたかった後2キロを1日で減らしてしまった日もあった。
今は比較的落ち着いている。
痛みもかなりなくなり、傷跡もかさぶたが取れてピンク色になっている。
減った体重も1キロ戻り、普通の妊娠初期妊婦に戻れた気がする。
安定期まで後1ヶ月。
それを前に上の子が夏休みに入る。
相変わらず私には幼稚園関係では友達は作っていない。
同じバス停の子とは親しくさせてもらっているが、この頃会うと人の悪口を言うのでちょっと怖くなってきた。
あまり深入りはしないほうが良いな…と感じている。
そんな訳で幼稚園に入る前と交友関係は変わらない。
当然上の子も幼稚園の子と遊ぶ、と言う事もない。
では夏休みをどう過ごすのだろう?
車は旦那が使うので、公共の乗り物を使うしかない。
自転車なんて無理。
遠出も怖い。
妊娠初期、つわり、二人も子連れ。
なんて身動き取り辛いんだろう!
こうなったらお金払ってでも上の子にはどこかへ行って貰いたい。
いるのが煩わしいわけではない。
イライラする自分が明らかにそこにいるだろうと言うのが目に見えていて怖い。
身動き取れない自分にもイライラするだろう。
一緒になってグータラしている子供にもイライラするだろう。
どこにも行かれずにイライラするだろう。
だったら出かければ良いのだけれど…前回の妊娠が「自宅安静」だった。
早産目前だった。
下手したら入院だった。
こうなると、次の妊娠…ようするに今回も充分それが考えられる。
入院だけは真っ平!
旦那や親に迷惑かけるなんて絶対にいや!!
お腹の子は私だけが守る。
でも条件が悪すぎる。
今から頭を悩ませている。
でもたぶんこのまま夏休みを迎えるんだろうな。
一番信頼している友達はやっぱり3人子供がいるけど、仕事してるんだもん…。
頼れないよな。
何とか良い方法を考えよう。c0045451_17205082.jpg
[PR]

by yoko1113_0613 | 2005-07-17 17:20