<   2005年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

悩み

懸賞 2005年 05月 29日 懸賞

すっかりサボってしまった(^^;;;
と言うか、毎日平凡に過ごしていたので書く事もなかったんだけど。
でもここへ来て急に悩み始めた自分が居る。

先月…ちょうど1ヶ月前だな、実家に泊まりに行ってた。
その時姉も子供を連れて来ていたんだけど、精神的に弱くなっている姉に対し母は酷い暴言を吐いた。
それが人間としてどうしても許せなくて、もう親には世話になる必要なないな、と思った。
私にとって親よりも姉の方がはるかに大切だし、共に生きてきた大きな存在である。
姉を傷つけるものは、例え親だとしても絶対に許せない。
それが一時的な感情や行き過ぎた言葉だったとしても、今の姉に言ってはいけない言葉だった。
それ以降実家には連絡はしようとも思わないし、会いたいとも思わない。
でも、それからしばらくして母が病気になってしまった事を知った。
ストレスから来るものらしい。
それを聞いて、逆にますます許せなくなった。
自分もストレスの苦しみを知っているのに、姉にそんな言い方をしたのか!と。
母は元来「我慢」と「諦め」を繰り返してきた人間。
それを他人にも求めているのか?
私と姉は、両親は「他人」と思う事で自分達を納得させるようにした。
母から「体調を崩しています」と言うメールが来ても「お大事に」と返すのが精一杯だった。
とは言え母も友人が居ない人。
母にとって私は唯一の「癒しの存在」であった事も承知している。
苦しんでいるのを分かっていて、このまま私も苦しませていて良いのか。
とても葛藤している。
両親と一緒に働いている義理のお姉さんに母の調子を聞いてみた。
すると、「昨日辺りから少し外に出れるようになったみたいだよ。ご飯も少し作れるようになったみたい」と。
思ったより酷かったのかもしれない。
でも、母の病気を引き起こしたのは姉にあの発言をし、二人の娘から罵声を浴びたときからなのではないか?
だとしたら自分の責任だし、こちらが同情する事もない。
とは言っても…。
2日くらい前、下の娘が携帯をいじって母の携帯にかけてしまった。
その時すぐ切ったんだけど、母から折り返し電話が来た。
話す事もないし、話したくもないので出なかったが、そのままなのは失礼だと思って一応メールした。
「チビがいじって電話しちゃったみたい」と。
母からの返事は「嬉しかったので気にしないで♪」
かかってきた事だけで…きっと嬉しかったんだ。
そう思うと胸が引き裂かれそうだった。
自分がどうしたら一番良いのか、分からなくなってしまった。
姉も裏切りたくない。
だけど母を見捨てる事も出来ない。
きっと第三者からは「お母さんに会いに行ってあげなさい」と言われるだろうな。
私だって冷静に考えればそう思う。
今すぐ行ってあげなくちゃと思う。
だけどあの日の事、あの日感じた気持ち、やはり姉の事…処理しきれない思いが駆け巡る。
複雑すぎて、まだ整理できない。
素直な気持ちで会いに行き、微笑んで心から心配出来る状態にはまだなれない。
「どうでも良い」とさえ思ってしまう自分も居る。
まだ良い答えを見つけられないで居る。
もう少し母を許せるようにならなければ、とても会いには行かれそうにないや…
どこかに良い答えは・・・落ちてないものかしら。
[PR]

by yoko1113_0613 | 2005-05-29 17:51